相続について(相続放棄・遺留分など)

  1. Home /
  2. 受け継ぐ方 相続について(相続放棄・遺留分など)

「相続税の申告」へ続く

借金も相続の対象となります

相続について(相続放棄・遺留分など)

多額の借金を相続してしまった。遺言状より優先されること。相続の基本的な解説です。

相続放棄

 

 

相続では、被相続人のプラス財産だけでなく、マイナス財産も相続しなければなりません。被相続人が亡くなってから、思いもしない多額の借金が判明した・・・なんてことがあっても大丈夫です。

相続開始を知った時から3ヶ月以内に相続放棄をすれば、借金を相続する必要がなくなるのです。また、3ヶ月を経過していても、相続放棄を出来る場合があるので、まずはあきらめずにご相談下さい。

遺留分

民法では、遺言などで被相続人が自由に処分できる財産を制限し、一定限度の家族の利益を守るために、法定相続人が最低限相続できる割合が定められています。この割合を「遺留分」といいます。

遺言によって、法定相続分とは異なった相続分の指定をしたり、第三者へ相続財産の贈与をしたりすることができます。しかし、自由に処分できるからといって、あかの他人に自分の財産をほとんど与えてしまっては、残された家族は路頭に迷うことにもなりかねません。法律は遺された家族のことを考えて、最低限相続できる財産を保証してくれているのです。

※ただし兄弟姉妹には遺留分は存在しません。

相続人

相続人になれるのは「血族相続人」と「配偶者相続人」のみです。

 ●相続第1順位…受け継がせる方の子や養子、内縁関係にある人との間に生まれた子、孫(子が亡くなっていた時の場合)、ひ孫といった直系卑属

 ●相続第2順位…受け継がせる方の父母や祖父母といった直系尊属

 ●相続第3順位…受け継がせる方の兄弟姉妹とその子供(兄弟姉妹が亡くなっていた時に該当)

 ●配偶者…受け継がせる方の配偶者は常に相続人となります


相続人は相続第1順位に誰もいなければ、次の相続第2順位へというように進んで行きます。

「相続税の申告」へ続く

税理士法人税金相談センター(名駅・JPタワー名古屋21階)の相続あんしん窓口では、ご自身の相続についご相談をお受けしております。TEL052-856-3272

税理士法人 税金相談センター 相続あんしん窓口