まずはお電話下さい<初回相談無料>
052-253-7536平日:午前10時〜午後5時

相続や税金の話しは得意じゃなくて・・・ ご自身の相続をトラブルなく円滑にしたい 今のうちに渡してしまいたいものがある。

平成27年1月1日税制改正実施によって課税対象者が拡大します!
ご自身の相続が課税対象となるか確認することから始めましょう。

あなたの相続が課税対象になる?

まず概算で試算してみる

ほとんどの場合、相続での関心事は「相続税がかかるのか?」「相続税をいくら払うのか?」ということにあります。
税理士に相談する前にまずは自分である程度試算してみて、課税対象になることが分かってから税理士に相談したい、と皆さん思っているのではないでしょうか。
税理士とは言え、他人に財産を明かすというのは、何とも抵抗がありますよね。
そこでこのサイトでは、ご自身の相続が課税対象となるのか、ならないのかをご自身で試算していただき、その結果に基づいて気になる所を解説していきます。

計算に必要なものを用意します

財産、債務の数字が必要です。

相続税の課税対象となるかどうかの計算は、簡単に言うと「財産」「債務」「控除」「法定相続人の数・割合」などを用います。このサイトでは、相続税の概算を試算しますので、次の額が分かるものを手元に用意して下さい。

● 預貯金残高
● 有価証券(株券等)
● 生命保険金
● 土地評価額(路線価/固定資産税評価額)
● 家屋評価額(固定資産税評価額)
● 借入金/負債金額
● 葬儀費用
○ 法定相続人を確認しておく

下の項目にあてはめて相続税を計算してみましょう

今のうちに渡してしまいたい

生前贈与/教育資金/住宅取得など

相続は基本的に継がせる方(被相続人)が亡くなられてから始まることになります。しかし、その前にご家族などへご自身の財産を与えることができ、その際には様々な優遇措置を利用することができます。
預貯金などを単純に贈与する暦年贈与。30歳未満の子や孫に対する教育資金の一括贈与。20歳以上の子や孫に対する住宅取得・増改築資金の贈与などがこれに当たります。
これらには非課税枠などが設けられておりますので、生前に贈与をお考えの方はぜひご相談下さい。

● 税金相談センター<名古屋栄・中日ビル>
相続あんしん窓口:052-253-7536(秘密厳守)


「生前贈与」へ進む

相続税の計算

「土地評価額」「家屋評価額」がわからない方はこちらをご覧下さい

相続税計算機のご利用について

●ご利用に関するご質問は受け付けておりません。  ●自己責任にてご利用下さい。  ●試算結果についていかなる責任も負いません。  ●二次利用することはできません。  ●法律の改正等により試算結果に変化が生じることがあります。  ●あくまでも簡易な試算になりますので、個々の内容では異なる結果となる場合がございます。詳しくは相続あんしん窓口でご相談下さい。

税理士法人 税金相談センター 相続あんしん窓口